E-BOOK『キレイと健康が手に入る食生活』が無料でダウンロードできます!

      2017/06/05

恐怖のフリーラジカルとは?フリーラジカルをやっつけてキレイと若さ、健康を維持する方法。癌や糖尿病も防げるよ♬

 

スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

あんらくまきこ 〜大阪堺で健康カフェ経営/調理師/食と健康がテーマの会社代表/国際食学協会認定講師/酵素ファスティング認定校〜
性虐待トラウマと重い躁鬱病を克服した経験を活かし、食・健康・命の大切さを発信中!
〜安楽真生子の人生の目的〜 世界中の人々に愛と生きる勇気を与え社会貢献することです。そして、自ら命を絶つ人を一人でも減らします。そのために食・健康・命の大切さを伝えられる人を育成します。

安楽 真生子


活性酸素や、フリーラジカルって最近よく聞くようになりましたね。

現代の便利な生活や、食生活、タバコ、お酒などでフリーラジカルは発生します。

これらは、体を錆びさせたり、炎症をおこしたりします。

つまり、体によくないものですね。

フリーラジカルを無毒化するには、植物栄養素を摂ることが重要です。

まず今回はフリーラジカルって何やろうっていうところから、わかりやすく説明します♬

フリーラジカルについて

フリーラジカルってなに?

社長さん
英語は苦手なんだよね〜。自由で過激??
makimaki
そうですね。そのまま訳すと自由な過激分子という意味なんです。
社長さん
ぬぬぬ?
makimaki
どんな物質も構成している最小単位は、原子ですよね。
makimaki
この原子は、原子核(プラスの陽子と中性子でできている)とその周りをまわるマイナスの電子で構成されます。

 

社長さん
ふむふむ。原子核はプラスの電子を帯びた陽子でできているから、プラスのまわりにマイナスの電子がまわっているんだね。

 

makimaki
はい。こうして対になっている時は安定しているのですが、なんらかの要因で対が壊されて、単体になってしまうんです。

 

社長さん
ぬぬ?単体になったらよくないのかな?
makimaki
そうですね。不安定になるので、すぐに他の物質にひっつこうとするんです。単体になって他の物質にひっつきにいこうとするものが、フリーラジカルなんです。

どこで発生する?

フリーラジカルは、体にある60兆個ある細胞の中で作られます。

詳しく言うと、

細胞の中の、エネルギーを生み出しているミトコンドリア内で作られます。

社長さん
ミトコンドリアって聞いたことがあるねー。
makimaki
ミトコンドリアは、細胞内小器官と呼ばれてるんです。1つの細胞に100から2000以上のミトコンドリアが含まれているんです。
社長さん
ほほう。それはすごいね!どんな働きがあるんだい?
makimaki
はい、ミトコンドリアは、食事から摂取した栄養素と、呼吸から得られた酸素を使って、ATP(アデノシン三リン酸)という物質を作り出します。
社長さん
ほほう。知らなかったよ〜。
makimaki
このミトコンドリアがエネルギーを変換する時の副産物としてフリーラジカルが発生してしまうのです。

どんなものがフリーラジカルを発生させる?

まずは環境

  • 亜硫酸ガス(自動車などの排気ガス)
  • 窒素化合物(光化学スモッッグや酸性雨などを引き起こす物質)
  • ダイオキシン(物が燃焼するときに発生。田畑や沼などに蓄積)
  • 炭化水素(自動車などの排気ガス、塗装や洗浄などに使われている)
  • 過酸化水素(漂白剤や酸化剤、強い殺菌力があるもの)
  • 水道水に含まれる塩素

便利な生活

  • 高速移動
  • SuicaやICOCA
  • 電磁波

日々の生活

  • 食品添加物
  • 残留する農薬、肥料などの化学物質
  • 放射性物質
  • タバコ
  • アルコール
  • ストレス全般
社長さん
ぎゃ〜。こんなの生きてるだけでダメじゃないか〜!!!
makimaki
便利になってきましたし、いろいろな場面でフリーラジカルは発生しているのですね・・・。

 

フリーラジカルのなにがあかんの?

では、なにが体によくないのか・・・。

フリーラジカルが体にもたらす弊害は、代表的なものが以下の4つ。

体の中で酸化を引き起こす

酸化というのは、錆びる、腐る、焦げるなどのこと。

フリーラジカルは不安定で、安定するために他の分子から原子を奪い取ってしまいます。

分子や原子から1個奪い取られると、それが「酸化」という状態のことです。

逆に1個もらうと「還元」

酸化、還元のコントロールがされていると、体は健康で若さを保てます♬

体の中に炎症を起こす

炎症とは体の異常部分を察知し、自分で治そうとする反応のこと。

皮膚炎や腸炎、腫れたり、赤くなったり、発熱したり。

菌やウイルスへの体の反応のこと。

体の中の炎症は酸化と深く関わっています。

代謝を遅らせる

代謝機能が落ちると、栄養素がうまく摂り込めません。

また体重増加も招きます。

糖尿病を引き起こす遺伝子スイッチをONにする

ガンや心疾患なども、このフリーラジカルが深く関わっていることがわかっています。

 

活性酸素と一緒?

社長さん
活性酸素とフリーラジカルは同じような話にでてくるけど、同じものなのかい?
makimaki
厳密に言うと違うんですが、今はほぼ同じ意味で使われていますね。
社長さん
そうか、厳密に言うと違うものなんだね。
makimaki
はい。簡単に書いておきますね♬

 

活性酸素はこの4つ

ヒドロオキシラジカル(ヒドロキシラジカルともいう)
スーパーオキシドラジカル
・過酸化水素(かさんかすいそ)
・一重項酸素(いちじゅうこうさんそ)

このうちフリーラジカルは

・ヒドロオキシラジカル(最悪の物質、めっちゃ凶悪、強い!)
・スーパーオキシドラジカル(その次に強い!ちょっと悪い!)

※過酸化水素や一重項酸素はある程度安定していると言われている。

※どれも酸素からうまれたものです。

 

社長さん
でも、酸素って体には必要なものだろう??悪いイメージはないけどねー。
makimaki
そうですね。私たちが呼吸で取り込んだ酸素のうち、2〜3%は活性酸素になります。
社長さん
ほほう。そうなのか!何か意味があるのかい?
makimaki
そうですね。細菌ウイルスに攻撃を仕掛けて、破壊させて、死滅させるんです。体への侵入を防ぐんですよ。
社長さん
ほほう!適度な量は必要ということだね!
makimaki
はい。過剰になってはいけませんね。過剰にならないように体がバランスを保ってくれているんですよ。

 

フリーラジカルを無毒化するには?

体にはすでに無毒化の機能があるよ

活性酸素が過剰にならないように、すべての生物にはSODという酵素(こうそ)を体に備えています。

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ/Superoxide dismutase)

このSODは3種類あって、体の中に居てくれます。

SOD1は細胞内。(銅と亜鉛を含む)

SOD2はミトコンドリア。(マンガンを含む)

SOD3は細胞外空間。(銅と亜鉛を含む)

これらのSODがフリーラジカルの生成を抑えてくれるし、たとえ発生しても無毒化するように働いてくれます!!

社長さん
わわ!すごいじゃないかー!安心だね〜。
makimaki
すごいんですけど、そんなにいっぱいはないんです。フリーラジカルが増えたら無毒化は追いつかないんですよ・・。

 

SODを助けてくれるものがある!

SODはいっぱいないけれど、SODを助けて活性化してくれる栄養素があるんです♬

それが、抗酸化栄養素なんです。

主に、ビタミンE、ビタミンC、セレニウム、βカロチンが代表選手です!

 

社長さん
おお!よかったー!SODを助けてくれる栄養素たちがいるなんて♬
makimaki
はい。ビタミンEは1回だけ、フリーラジカルを無害化してくれます。1回だけです!
社長さん
たったの1回か〜。
makimaki
はい。でもビタミンCがあれば、再度効力発揮!でもこれも1回だけなんです。
社長さん
また1回きりか・・・。他に方法はないのかい?
makimaki
そこにプラス、ビタミンB2、B3があるとビタミンCはよみがえります。そしてビタミンEも繰り返し使えます。
makimaki
かつ、セレニウムやβカロチンがあれば、抗酸化作用かなりUPするんですよ!βカロチンのような、植物に存在する化合物のことを植物栄養素というんです♬

 

植物栄養素をとりこもう!

βカロチンをはじめとする、この植物栄養素は、食物だけに存在しているものです。

健康に良い機能を多くもった化合物のこと。

植物栄養素(ファイトニュートリエント/phytonutrient)。

または植物化合物質(ファイトケミカル/phytochemical)ともいいます。

つまり、健康でキレイを維持したければ、必須栄養素植物栄養素を食事からとりこむことが必要だということです♬

必須栄養素というのは、アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラル、いわゆる5大栄養素。

これらが約50種類。

それにプラス、5000種類もあると言われている植物栄養素を摂る必要があると言われています。

植物栄養素は大きくわけると5分類。

ポリフェノール系(フラボノイド)

アントシアニン・イソフラボン・セサミンなど

含硫化合物系

イソチオシアネート・スルフォラファン・アリシンなど

テルペノイド系

βカロチン・ルテイン・リコピンなど

糖関連化合物系

βグルカン・サポニン・フコダイン・ペクチンなど

辛気、香味成分系

カプサイシン・ジンゲロール・オイゲノール・リモネンなど

 

 

社長さん
ややや!聞いたことあるのがたくさんあるよー!トマトとか生姜とかにはいってるやつだ!
makimaki
そうですね、これらは解毒作用、動脈硬化予防、抗アレルギー作用など独特の効力があるんです。
社長さん
ほほう!そうなのかー!有り難いねー!
makimaki
ほとんどの植物栄養素が共通してもっているのは抗酸化作用!酸化に対抗する力なんです。

 

植物栄養素は、SODと違って体内で合成する必要はなく、すでに食物自らを守るために生成した化合物質。

ということは、これを摂り込みさえすれば、抗酸化作用をはじめとする健康効果が得られます♬

また詳しく記事にしますが、ざくっと書くとこんなものに含まれます。

果物、野菜、豆、ナッツ、種子類、穀類。

avocado-602244_640

特に注目は

キャベツ、芽キャベツ、カリフラワー、小松菜、青梗菜、わさび

人参、セロリ、パセリ、明日葉、三つ葉、せり

詳しくは【保存版】ファイトケミカルとは?〜健康&美肌になれる植物栄養素一挙公開!ガンや糖尿病も防ぐよ♬〜を参考にしてください。

ファーストフード、加工食品を減らそう♬

植物栄養素をとりこむことはもちろん大事ですが、何を食べないかというのも重要。

フリーラジカルは食品添加物悪い油農薬たっぷりのお野菜なんかを食べることでも発生します。

加工されすぎた食べものはこんな問題があります。

  1. 栄養素が欠落しているので、他の食品から栄養素を補ってエネルギーにしないといけない。
  2. これらの食品を食べること自体で、フリーラジカルが発生する。
  3. またSOD(自前の抗酸化物質)を作り出すための栄養素も全く足りていない。

コンビニ食や、ファーストフード、スーパーの総菜などを利用していると、体内での酸化がすすみます。

いきなり全てをゼロにするのは難しいかもしれません。

例えば、外食の回数を少し減らしてみる。

時に自然食カフェを利用する。

たまにお弁当を作ってみる。

などなど、週に1度からでもはじめてみませんか?

 

まとめ

フリーラジカルについて

フリーラジカルとは

体内で発生する活性酸素のこと。

酸素からうまれる。

功罪両方あって、増えすぎることで、様々な病気を引き起こす

どうやって発生する?

現代の便利な生活全般。

大気汚染の物質や、食品添加物、塩素など。

フリーラジカルを無毒化するには?

体にもとからあるSODという物質を活性化する。

第7の栄養素、植物栄養素/植物化学物質をとりこむことが大切。

ファーストフード、加工食品を減らそう。

 

さいごに

最後までよんでいただいて、ありがとうございます。

植物の持つ力をたくさん頂いて、健康で若く、キレイでいたいものです♡

私は20代の頃に重い躁鬱病をわずらいましたが、栄養素のおかげで克服することができました。

1年かけて断薬〜長年苦しんだ躁鬱病を克服した方法厳選8個〜

いかに食が大切か、ブログを通じて発信しています♬

少しでも役にたったなーと思われたら、ポチッとしていただくと嬉しいです♬

makimakiでした!

11422124_436968269813964_1242925125_o

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -