*

1年かけて断薬〜長年苦しんだ躁鬱病を克服した方法厳選8個〜

      2016/08/05

 

makimakiです!

ブログ開設して驚いてることがあります・・。

病気で苦しんでいる人が知らない人も含めて「どうやって薬をやめたの??」ってメッセージをくれること。

悩んでいる人いっぱいで、早く体験記を書こうって思いました。

うつ病や精神疾患と言っても、症状も様々です。

今すぐに薬をやめていいかなんてわからないから、いい加減なことは言われへん。

みんな違うから、こうしたほうがいいよっていう方法はないんかもしれません。

入院した方がいいと言われた私の症状をおさえてくれたんは薬のおかげ。

5年間も真面目に毎日欠かさず飲んだおかげで、バセドウ病のような副作用がでたのんも薬の影響。

なんでもそうやけど良い面悪い面あるもんね。

でもやっぱり薬は対処療法やし一生飲むものではないって私は思う。

石油で作られているし、身体にいいわけはないもんね。

こないだ、重い犯罪を犯した人を追った本をよんだけど。

精神疾患があって、精神薬を大量に投与されていたと書いてあった。

病気も問題やけど薬漬けなんもすっごい問題やと思う。

(だからって犯罪は問答無用であかんねんけどね。)

この体験記はいますぐ薬をやめてほしいっていうすすめではない。

ほんまに急にやめたらあかん人もいてるから。

不安な人は主治医やカウンセラーに相談してほしい。

ただ、もしかしたら私の経験が病気を克服するきっかけとか、何かのヒントになればいいなって思って書きます。

 

私の病気の原因はたぶんこれ

原因ってたぶん1個じゃないと思う。

いろんなことが重なりあってなると思うんです。

原因①慢性的な寝不足

評価されたくて仕事がんばりすぎて、寝る時間削って夜中も家で仕事。

熟睡できない日が続いて、情緒不安定に。

しんどいな〜と思いながらも休む勇気がなかった。

休んだら会社から見捨てられるような気がした・・。

今思うとなんであんな感覚になってたんかわからへんけどね。

他人の評価だけで、自分の存在価値をはかってたんですね・・。

原因②トラウマによるストレス

カウンセリング受けながらトラウマには対処していたけど、おっつかんかった。

よく悪夢をみたしフラッシュバックにもおそわれた。

それがほんまに嫌で、いっつもイライラしてた。

田口ランディさんの本にあったコトバをかりるなら「怒りの階段をのぼっていた」まさにこれ。

誰のことも信用せんかったし、親をうらんでた。

怒りと悲しみを解消していくのに、すごく時間とお金がかかった。

でもカウンセリング受け出して、たったの18年で乗り越えられたんは奇跡です。

カウンセラーのおかげ。

命の恩人です。

原因③食生活の乱れ

実はこれ、ほんまにおっきなことです。

病気をしてから今でも食の勉強をがっつりしています。

この頃の食生活、書くのも恥ずかしいけど・・。

ひどいとき、朝菓子パン1個、昼なし、夜おにぎり1個。

おやつにケーキ・・・。

とかそりゃあ病気にもなるわって。

無意識に病気になりにいったと思う。

もう仕事も人生にも疲れてたから・・。

sick-668925_640

 こんな療養生活でした

半年ほど不眠が続いてから発症。

あの状態をなんと表現したらいいのか、結構大変でした。

軽い錯乱状態・・3日間一睡もできずふらふらで病院へ。

恩師が教えてくれたクリニックへ行きました。

他の患者さん待たして2時間くらい話を聞いてもらって、ひたすら泣いてました。

今思うとそんなに話を聞いてくれる精神科医さんは珍しいですね。

有り難かったです。

1週間うつの薬を飲んだら、実は躁鬱病ということが判明して、躁鬱の治療が始まりました。

特に寝ることができず大変でした。

躁鬱なのにうつの診断で長年治らない人も多いと聞きます。

私の主治医は判断が的確だったからすっごく感謝しています。

今は脳を検査して、その診断ができるというから医学ってすごいんですね。

tablets-707258_640

薬の量はあまり覚えてないけど、躁鬱の基本的な治療薬「リチウム」ってのを限度量まで飲んでました。

あと、眠れるためにリスパダール、コンスタン、たまにデパス。

他にもあったけど忘れました。

お通じをよくする漢方薬も飲んでたかな。

一人暮らしは禁止され、実家に帰れないなら入院と言われました。

実家に帰って1年くらいは休職手当をもらい生活しました。

その後働きたくてリハビリ出勤とやらをがんばったけど、同じ職場への復帰は無理でした。

職場に行ったら震えるし、ものすご〜く迷惑をかけてる気がするんです。

なんか情けなくってね。

別の調理の仕事についたけどたくさんの時間働くとしんどすぎて、1ヶ月でダウン。

でも職場の親切な方たちが病気をうけいれてくださりました。

アルバイト勤務に変えて働かせていただけました。

なかなかないことです。

それもほんまに感謝しています。

woman-591143_640

週3日、1日5時間働くとバタンキューです。↑こんなんやで。笑

休んだら迷惑かける。

でもムリをすると今度は、1週間くらい復活できなくなるくらいしんどくなる。

余計迷惑かけるんですよね・・。

こんなんの繰り返しでした。

減薬を決めた理由

薬は5年のみました。

全部足したら何キロくらいあるんやろうって思うくらいの量です。

4年くらい経ったときに甲状腺の機能が低下、このまま飲んでたらあかんなって思いました。

それに一生薬の力で寝るんかなって思いました。

私の中の寝る力は眠ってるんか?って・・ややこしいな 笑。

それに、自分の心とか精神状態を薬でしかコントロールできひんって・・・。

そんなんほんまかな??って疑問をもった。

薬を飲まな再発するとか、不安になるとか、恐ろしいことになるとか、私の勝手な思い込みちゃうんかなって。

そこでいろいろな人に相談しました。

本も読みました。

うつで薬をやめれた人の話や、パニック障害を栄養だけで治した人の話を聞きました。

そして思い切ってやってみました。

parachute-704416_640

 

こうやって断薬した!

薬は徐々に減らしました。

いきなりは怖かったのですこしずつやりました。

リチウムという薬は毎食後だったので、最初の1ヶ月は昼のを1錠減らしました。

翌月には朝1錠の半分にしよう・・という感じで自分のペースで好きなようにしました。

睡眠薬の断薬に関しては、別の記事を書いてますのでよかったら参考にしてください。
『不眠症の原因と対策 私が薬を使わずに眠れるようになった10個の方法』

他のも同じように、何ヶ月もかけてすこしづつ減らしました。

その間に自信をつけていって、自然治癒力ってあるんやってわかりました。

薬のかわりになるハーブをお守りにしました。

薬を手放すのは不安がありました。

そのために、ハーブのサプリメントをお守りにしました。

気分が落ち込んだりしたときに頼ろうという気持ちで、いつも身近においておきました。

海外ではうつの治療に使われるというサプリメントです。

セントジョーンズワートというハーブが原材料です。

天然でできた、きちんとした価格のものを選ぶ必要があります。

※注意点

  • コンビニやドラッグストアなんかで売っている安価なものは内臓を痛めることがあります。
  • ピルとの併用や、抗鬱剤との併用は危険とされています。
  • 躁鬱病の方が飲んで、躁転してしまう場合もあります。

もし詳しく知りたい方は、連絡してくだされば私は販売してませんが紹介はできます♬

食生活を整えました。

「うつは栄養で治すって常識やで!」って教えてくれた方がいます。

本もたくさんでていたんですね。

知りませんでした。

ダイエットなんかと一緒で、何かひとつのものをずっと食べてよくなるなんてことはないんです。

いろいろな食材から様々な栄養素をいただきました。

そして、元気を取り戻したように思います。

その時の食生活は健康になれる食事とは?私が病気を克服できた食生活、基本の5つ紹介!おすすめ調味料&オイルも公開!

食べるもので身体の細胞がつくられていくわけやから、栄養素はまんべんなく必要です。

私は何を食べるかよりも何を食べないかに重点を置きました。

食べ物は身体だけでなくって心も作るんですよね。

mixed-fruit-697258_640

私が出来る限り避けているもの

①農薬のかかったもの(有機お野菜など宅配してくれるものを利用)
②加工度の高いもの(コンビニのお弁当、スーパーの総菜など)
③化学調味料、添加物をつかったもの(家で作ったら避けられます)
④トランス脂肪酸の多いもの(マーガリン、ショートニングなど)
⑤チェーン店での外食(上の4つが山盛りはいってるから)

こういうものが多いと、分解するのに大量にビタミンミネラルを消費してしまいます。

ストレスもビタミンを破壊します。

心と身体の栄養にはビタミンミネラルは欠かせません

ビタミンについては、免疫力をつける食べ物〜ビタミンCだけで大丈夫?ビタミンの働きから摂り方まで超基本知識〜に書いています。

ミネラルについては、ミネラルとは〜ナトリウムとりすぎ?カルシウム不足?一番問題なのは◯◯不足だよ〜

こんな本も参考にしました。

自分に合いそうで読めそうなのをチョイスして、実践したら変化があるかもしれません。


心を整える方法をみつけました

私が欠落してたんは自分で自分の心を整えること。

意識しなくても、普段みんなやってるストレス発散なんかと一緒です。

ただ私の場合はトラウマもあったし、人一倍自分を支えてくれるものを、自分の中にもたなあかんって気づいたんです。

自分をわかってあげられるんは自分だけなんやもんね。

当たり前やのにそれがわからんかった。

誰かに私をわかってほしいなんて、どうしようもないことを思っていたんやね。

ほんまに恥ずかしいけどそうでした。

私には瞑想が合っていました。

私は恩師にいただいた瞑想のコトバの載ってるものを実践したんです。

ただ毎日5分口に出して言うだけです。

妙な宗教とかとちゃいますよ。笑

これは今でも毎日しています。

この本にも具体的な方法が載っています。

思い込みって怖いです。

薬がないと駄目って思い込むと、自分の治癒力さんはでてきてくれなくなります・・・。

でも逆もあるんです。

いいイメージをもつことってすっごく大事です。

お金もかからんし、笑。

免疫力を高めました

私は冷え性があったので、体温をあげる工夫をしました。

体温が1℃下がると免疫力が30%下がるって知って、冷えを治すために軽い筋トレをしました。

ひとりでやるのは続かないタイプだったので、近所のジムへ通いました。

すこしずつですが筋肉をつけると冷えは少し改善しました。

ストレスで自律神経が乱れて、低体温になり、それが免疫力を下げ、さらに病気が治りにくいという負のスパイラルからの脱出!

いろいろやって、効果があったのは「筋トレ」でした。

激しいやつでなくって体幹トレーニングとか、スロートレーニングなんかの雑誌やDVDもでていますね。

YouTubeでも検索をかけたらでてくるので、お金かけずに運動できますね。

 

bowling-696132_640

ボーリングはちょっとちがうか・・?笑

 

通院をやめました

主治医には感謝していましたが、減薬を相談したとき「薬をやめたら再発しますよ」と言われました。

信頼していた主治医だったので迷ったんです。

そこで、でっかいほうの兄貴に「病院にいくのを迷ってんねん」と言ってみました。

そしたら、「じゃあやめときや〜」ってゆる〜く言われたんです。笑

恩師にも相談したら「マキちゃん栄養やで!」と言われました。

そこで、私は主治医にお手紙を書いて今までのお礼とともに5年間の通院をやめる宣言をしました。

誰のどんな情報を選択するか、ってすごく大事ですね。

そして選択したことは自分で引き受けていくことが大事です。

自分の身体だから、自分が一番よくわかって信じてあげなくては・・。

カウンセラーやいろんな人に相談しました

もし私のようにトラウマがあったり、自分の力ではおさえきれないしんどさや感情があり、解決したいならカウンセリングに継続して通うことが大事です。

相性もありますし通ってみないとわからないこともありますが、プロの力をかりることはとっても重要です。

私が治療で通っていた大阪の平井クリニックでもカウンセリングを受けられます。

このクリニックは私の恩師が教えてくれました。

1時間以上かけても通う価値がありました。

平井クリニック情報↓↓
http://www.qlife.jp/hospital_detail_597604

知り合いの体験談もすっごく役にたちました。

ある友達は抗鬱薬を飲んでる友人に「あんたはこれを飲まんでもいけんねん!」って言い続けていたそうです。

そしたら、飲まんでもいけるようになってん!・・・・と。

なんともあっさりした体験談でしたが。笑

とってもうらやましい友情です♡

あとお知り合いの女性が、ひどいパニック障害を薬をのまずに栄養だけで治した話も聞きました。

症状はみんな違うけど、鍵は自然治癒力栄養にあるんではないかと思います。

それを聞いても最初は「私の症状とは違うしな・・・」とか「私よりも軽いんだろう」と思い込んでいました。

どこかで「私にはムリかな・・」って思っていました。

でもいろんな本を読んでいろんな人に相談しているうちにもしかしたら私も薬をやめられるかも!

って一歩ふみだしました。

木のパワーをかりました

自分ひとりの力で、なんとかなるなんていうことはあまりないと思うんです。

私がこれまた欠落してたんは自然や宇宙とつながってなかったこと。

あ、なんかあやしい話とちゃいますよ。笑

なにかで木を触ったら元気がでると聞いて、ほんまにやってみたんです。

近所の公園のでっかい木に触ってたら、いっぱいいっぱい涙がでてほんまに癒されたんです。

それから、散歩しながら木を触らせてもらってパワーをいただいていました。

そういえば仏教詩人の坂村真民さんの詩があって・・

「堪え難いときは大木を仰げ あの忍従の歳月と孤独とを思え」っていう詩に何度も励まされたなー。

panda-709312_640

残念ながらパンダはおらんかったけどね 笑

 

減薬から断薬の方法〜まとめ〜

  1. 薬は徐々に減らす。
  2. 薬のかわりになるハーブをお守りにする。
  3. 食生活を整える。
  4. 心を整える方法をみつける。
  5. 免疫力を高める。
  6. 通院をやめる。
  7. カウンセラーやいろんな人に相談する。
  8. 木のパワーをかりる。

そして、そして、気持ちの上で大事なのは・・・。

  1. 素直になる。
  2. 感謝する。
  3. できること全部やる。
  4. 諦めない。
  5. 行きつ戻りつを受け入れる。
  6. 焦らない。
  7. 自然治癒力を信じる。
  8. 完璧を求めない。

こんなコトバうれしかったです

病気したときにいろいろなコトバで励ましてもらいました。

みんなの優しさに感謝しています。

もし身近の方が病気で、何かを言ってあげるとしたら参考にしてみてください♬

幼なじみちゃん

一番に顔をみせにきてくれて「一緒にカラオケいこうや」って誘ってくれました。

歌唱力ありすぎでびっくりしました。笑

18年来のお友達

「気づいてあげられなくてごめんね。」と言ってくれました。

このコトバは一番嬉しかったな。

グループカウンセリングのお友達

「マキちゃんと映画に行きたいよ」って誘ってくれました。

気分転換にどう?ではなくてこのコトバ、すごく深い優しさです。

親友

病気になってからずっとうすぐら〜い私を、毎月必ずランチに誘ってくれました。

何気ない会話で救われました。

あんなくらーーいどんよりの私に、「会いたい」って言ってくれてありがとう♬

東京で暮らす男友達

「大丈夫みんなついてるから、また素敵な笑顔が戻ってくるよ」とキザなコトバを手紙に書いて送ってくれました。笑

アメリカプチ留学のルームメイト

長〜いお手紙をくれて自分の体験談とともに励ましてくれました。

「今は階段の踊り場にいるみたいなもんだから、あせらないでね。」って。

かわいい絵と一緒に。

 

ありすぎて書ききれないけれど、みんなありがとう。

私が逆の立場なら、こんな風にできたんかな・・・。

優しさに気付くのが遅くてごめんなさい。

読んでいただいてありがとうございます。

私の使命は〜自ら命を絶つ人を1人でも減らすこと〜です。

今日の記事はそのひとつです。

心の病で苦しんでいる人に届いたら嬉しいな。

恩師をはじめ、主治医、友達、家族・・みなさんへの恩返しは、今元気になった私がこうして発信すること。

ずっと続けていきます。

長い記事、よんでいただいてありがとうございます。

少しでも役にたったなと思われたら、ぽちっとしていただけると嬉しいです♬

makimakiでした♡

11422124_436968269813964_1242925125_o

ブログ仲間の美大生に描いていただきました♬

The following two tabs change content below.
あんらくまきこです。 食と健康がテーマの小さい会社をやっています。 ブログには、私がトラウマや心の病を克服した体験を通じてお伝えできる、食や命、健康の大切さなどを書いています♬ 〜安楽真生子の使命〜 自ら命を断つ人をひとりでも減らす。そのために機能する家族を運営できる人財を育成します。また、食や命の大切さを伝え続け家庭で料理する人を増やします。

 - 断薬・健康 , , ,